スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち回りについて

昨日は中身のない記事だったので、今日はちょっとでも中身のある記事にしたいと思います。

クラン戦が100戦を超えましたね。爆破にも少しずつ慣れてきたのではないかと思います。今回は爆破の立ち回りについてです。

爆破での立ち回りについて、色々な人が色々なことを言っていると思います。その中で、「敵の正面から攻撃するのは素人で敵の横や後ろから攻撃するのが上級者」みたいなことを言っている場合があります。これがどういう状況での立ち回りかわかりませんが、基本的に間違いです。野良で一人だけいい思いをするための立ち回りと言う意味では間違ってないでしょうけど。

立ち回りと言っても色々なレベルでの立ち回りがあります。大きい話では、1に行くか2に行くか、小さい話では通路の右側を歩くか左側を歩くかとか、どこを見るかなんて感じです。今回は、立ち位置(どこに陣取るか)について書きたいと思います。

簡単にするために状況を特定しておきます。クラン戦で爆破の攻め側でC4は設置済みでどっちも4名生存としましょう。あなたはどこに陣取りますか?私の考えは以下の2点

・最悪でも正面の打ち合いになるように位置取る。
・交戦ポイントで敵が複数の箇所を見なければいけない位置に陣取る。

たまに、敵のさらに後ろに陣取って後ろから撃つ人もいますが、S/Dを上げたかったら走るだけ部屋にでも行ってもらいたいものです。話が逸れるので一言で終わらせますが、自分のスコアの最適化とチームの勝敗の最適化は違う解になることが多々あると言うことです。

話を戻して上の2点について説明します。下の方は簡単です。設置場所への入り口を見ていればいいのです。たいてい入り口は2箇所です。2人でひとつの入り口を見ていればいいと思います。このとき、同じ入り口を見ていても、一人は入り口の先を見て、もう一人は入り口に入られたところでしか撃てない場所にいると一人ずつ撃破されてしまうので、できるだけ集中砲火できるように位置取ると良いと思います。

上の方が今回話したかった事ですが、どこかの入り口を見るときには他の入り口から見えない位置に陣取りましょうと言うことです。野良と違って信頼して分担できるので、一人ですべての入り口を全部見る必要はないのです。あとは反射神経の勝負です。正面の打ち合いで負けたらドンマイってことで。

まとめると、「複数の箇所から撃たれる位置には立たないことが大事」ってこと。
どうしてもそんな場所を通らなければいけないときは、一気に通り抜けましょう。

なんかわかりにくいかもしれないので、動画を撮ってみた。最初から動画にすればよかったw。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。